季節とアトピーの最近のブログ記事

アトピーが悪化する季節

アトピー患者の中には、夏や冬など、季節限定で症状が悪化する人がいます。
原因はよくは分かっていないのですが、体質や環境に対する感受性の違いにより、何タイプか分かれるのが原因であるというのが、大方の見解となっています。

まず、夏になると決まって、アトピーが悪化するという人は多いのですが、こちらは汗に対して敏感に反応してしまうタイプであると言えます。
入浴は毎日するのが当たり前として、運動などで汗をかいた後は、シャワーをこまめに浴びるようにして、肌を清潔に保つのが大切です。
さらに、夏は紫外線を大量に浴びる季節でもあり、肌のバリア機能の低下が心配されます。
帽子、日傘、日焼け止めなどの対策グッズで、UVケアが欠かせません。

一方、冬にアトピーが悪化するという人がいます。こちらの方は、乾燥に対して敏感に反応してしまうタイプだと言えます。年間で乾燥が激しい季節は、保湿ケアを重点的に行うことです。

夏・冬の他に、春か秋に悪化するという人もいます。春にはスギ花粉、秋にはブタクサやヨモギ花粉で、花粉症が流行する季節です。
花粉症の人は、アトピーを併発していることも多く、目の周りや鼻の下が赤くなる症状が出るのは、典型的なものです。こういったタイプの人は、花粉症対策から始める必要があるのです。

また春は、就職・人事異動、進級・進学などで、生活環境に大きな変化が現れる季節でもあります。
生活習慣が乱れたり、ストレスがたまったりで、アトピーが悪化することがあります。
ストレス解消を図るのはもちろんですが、栄養バランスの良い食事、趣味、運動などで、ストレスを解消するうちに、症状が軽減されることがあります。

季節の変わり目とアトピー

季節の変わり目に、アトピーが悪化するという人は多いようです。
気温や湿度が変化途上にあり、暑いのだか寒いのだか、気分的にも安定しない季節は、自覚はしていなくとも、生理的に相当のストレスになっているのでしょう。

アトピーは、ストレスも大きな原因に挙げられます。
例えば、夏から秋への変わり目に、夏バテだとかいって体調をくずす人は多いのですが、これなぞも、季節の変わり目がストレスとなり、体がついていけない状態になった現れと言えます。
ストレス過剰は、身体的・精神的に好ましくはないので、趣味や運動などで速やかな解消が求められます。季節の変わり目限定で、かゆみや湿疹など、アトピー症状が現れてくるのは、早期発見がしやすい「メリット」があります。

また、秋から冬への変わり目に、症状が悪化するという人は、ストレス以外に、乾燥が原因である可能性があります。
アトピー性皮膚炎の患者の皮膚は、潤い成分セラミドの量が、普通の人と比較し少ないことが分かっています。その上、角層が薄くもろく、水分を逃しやすく、外部刺激や異物の侵入に対しナーバスになる悪循環を抱えています。
そこで、乾燥する季節は特に、乾燥対策が必要になります。基本は、保湿、清潔です。

肌の汚れには、汗やホコリなどの刺激物が多く存在するので、入浴やシャワーで、やさしくキレイに洗い流すことが大切です。
石けんやシャンプーなどの成分も、アトピー悪化の原因たり得るので、洗った後は、洗い残しがないよう、しっかりと洗い流すことです。
入浴後は、保湿ケアです。
ワセリンがベストですが、ベトつき感が嫌いな人には、界面活性剤が入っていないクリームなども可です。

アトピーのかゆみがつらい季節

アトピー患者の中には、季節に応じて、かゆみが出る人がいます。
春だけとか、夏だけとか、時期を限って現れる症状に対しては、対策を立てるのが比較的かんたんなのが、せめてもの救いです。
まず、アトピーが夏にひどくなるという人は、汗対策を重点的に行うと良いでしょう。
肌に汗や皮脂などの汚れが残った状態が続くと、雑菌が繁殖し、かゆみや湿疹の原因となります。
こまめにシャワーを浴びるなどして、肌を清潔に保つのがポイントです。入浴後に、冷水かぬるま湯を浴びると、肌表面の温度が下がり、かゆみを抑えることができます。

正反対に、冬にアトピーがひどくなるという人は、乾燥対策に重点を置くべきです。
乾燥が激しい季節は、肌も乾燥しやすくなります。
加湿器などで湿度を適切に保つことが大切です。湿度は50%ぐらいが適当です。

他には、春か秋にかゆみが出るという人もいます。スギ花粉が舞う春、ブタクサやヨモギ花粉が舞う秋は、花粉症が流行し、アトピーを併発することもあります。
花粉が大量に舞う季節は、まずは花粉症対策からということです。

また、春は、入学、就職、その他、何かと生活環境に変化が生じやすく、ストレスが発生しやすい季節でもあります。
ストレスも、アトピーを悪化させる原因たり得るので、花粉症でもないのに、かゆみがひどいという場合、まずは疑ってみる必要があります。
思い当たる節があれば、趣味や運動などで、できるだけ速やかにストレスを解消することが必要です。

どの季節に悪化するかは、検査では判明せず、殆ど患者本人の体験がカギとなります。かゆみが出やすい時期は、環境を整えるなどして、念入りな対策が必要になります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節とアトピーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夏のアトピーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261