季節の変わり目とアトピー

季節の変わり目に、アトピーが悪化するという人は多いようです。
気温や湿度が変化途上にあり、暑いのだか寒いのだか、気分的にも安定しない季節は、自覚はしていなくとも、生理的に相当のストレスになっているのでしょう。

アトピーは、ストレスも大きな原因に挙げられます。
例えば、夏から秋への変わり目に、夏バテだとかいって体調をくずす人は多いのですが、これなぞも、季節の変わり目がストレスとなり、体がついていけない状態になった現れと言えます。
ストレス過剰は、身体的・精神的に好ましくはないので、趣味や運動などで速やかな解消が求められます。季節の変わり目限定で、かゆみや湿疹など、アトピー症状が現れてくるのは、早期発見がしやすい「メリット」があります。

また、秋から冬への変わり目に、症状が悪化するという人は、ストレス以外に、乾燥が原因である可能性があります。
アトピー性皮膚炎の患者の皮膚は、潤い成分セラミドの量が、普通の人と比較し少ないことが分かっています。その上、角層が薄くもろく、水分を逃しやすく、外部刺激や異物の侵入に対しナーバスになる悪循環を抱えています。
そこで、乾燥する季節は特に、乾燥対策が必要になります。基本は、保湿、清潔です。

肌の汚れには、汗やホコリなどの刺激物が多く存在するので、入浴やシャワーで、やさしくキレイに洗い流すことが大切です。
石けんやシャンプーなどの成分も、アトピー悪化の原因たり得るので、洗った後は、洗い残しがないよう、しっかりと洗い流すことです。
入浴後は、保湿ケアです。
ワセリンがベストですが、ベトつき感が嫌いな人には、界面活性剤が入っていないクリームなども可です。

このブログ記事について

このページは、mahinalomiが2014年7月16日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アトピーが悪化する季節」です。

次のブログ記事は「アトピーのかゆみがつらい季節」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261