夏のアトピー対策

アトピーは、冬に症状がひどくなる人もいれば、夏にひどくなる人もいます。
夏のアトピー対策は、当事者にはもちろん、普通肌の人にも良いスキンケアになってくれます。
夏は、十分に潤っているように見えますが、冷房の効いた部屋に長くいれば、肌が乾燥し、アトピーも悪化します。夏のアトピー対策としては、外気との温度差が5度以内に収まるようにするのがコツです。いっそ少々昭和チックに、扇風機主体に切り替えれば、冷やし過ぎの心配が減り、家計的に節電にもつながります。

サンサンと陽光が降り注ぐ季節、夏のアトピー対策は、紫外線にも要注意です。紫外線の影響で、肌のバリア機能を低下させるので、アトピーには悪いのです。日傘、帽子などは必須、その上でUVカット効果のある服を着れば万全です。

日焼け止めについては、普通タイプは、アトピーに悪い成分が多く要注意です。そこで、夏のアトピー対策には、日焼け止めは、いささか高くついたとしても、肌を刺激するような成分が入っていない、無添加のものがベターです。

また、汗をよくかく夏は、入浴・洗顔・スキンケアも重要ポイントです。体を洗うのにゴシゴシ洗うと、肌に刺激になりアトピーを悪化させる元なので、刺激の少ない石けんで、よく泡立てた泡で汚れを包み込ませるように、優しく洗うのがコツです。洗顔後は、クリームや乳液などで、保湿ケアも忘れずにです。

さらには、食生活の内容も、夏のアトピー対策の基本となります。油分の多いものや甘いものは控えめにが、アトピー対策の基本ですが、夏は特に、冷たいものには要注意です。少量ならまだしも、度が過ぎれば体が冷えて、アトピーを悪化させます。

このブログ記事について

このページは、mahinalomiが2014年7月16日 10:59に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「夏のアトピーの保湿」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261