アトピーが悪化する季節

アトピー患者の中には、夏や冬など、季節限定で症状が悪化する人がいます。
原因はよくは分かっていないのですが、体質や環境に対する感受性の違いにより、何タイプか分かれるのが原因であるというのが、大方の見解となっています。

まず、夏になると決まって、アトピーが悪化するという人は多いのですが、こちらは汗に対して敏感に反応してしまうタイプであると言えます。
入浴は毎日するのが当たり前として、運動などで汗をかいた後は、シャワーをこまめに浴びるようにして、肌を清潔に保つのが大切です。
さらに、夏は紫外線を大量に浴びる季節でもあり、肌のバリア機能の低下が心配されます。
帽子、日傘、日焼け止めなどの対策グッズで、UVケアが欠かせません。

一方、冬にアトピーが悪化するという人がいます。こちらの方は、乾燥に対して敏感に反応してしまうタイプだと言えます。年間で乾燥が激しい季節は、保湿ケアを重点的に行うことです。

夏・冬の他に、春か秋に悪化するという人もいます。春にはスギ花粉、秋にはブタクサやヨモギ花粉で、花粉症が流行する季節です。
花粉症の人は、アトピーを併発していることも多く、目の周りや鼻の下が赤くなる症状が出るのは、典型的なものです。こういったタイプの人は、花粉症対策から始める必要があるのです。

また春は、就職・人事異動、進級・進学などで、生活環境に大きな変化が現れる季節でもあります。
生活習慣が乱れたり、ストレスがたまったりで、アトピーが悪化することがあります。
ストレス解消を図るのはもちろんですが、栄養バランスの良い食事、趣味、運動などで、ストレスを解消するうちに、症状が軽減されることがあります。

このブログ記事について

このページは、mahinalomiが2014年7月16日 11:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エアコン洗浄とアトピー」です。

次のブログ記事は「季節の変わり目とアトピー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261